コピーライティングはモノを売る上で重要か?

Pocket

お疲れ様です、ふうがです。

よくネットビジネスの業界でもモノを売る上で、コピーライティングが重要だとよく言われることがあります。

確かに最近はアフィリエイターでも独学でコピーライティングに関する本や教材も世に多く出回ってい流ので、勉強している人もいます。

そうすると、モノを売る時に、成約率が上がったりすることはよくあります。

勉強していれば、ライバルを追い抜くことができるので、身につけておくことに越したことはありません。

ただ、じゃあ「コピーライティングをしっかり勉強していればモノは確実に売れるようになるのか?」と言われると正直イマイチですね。

なぜかというと、コピーライティングっていうのは商品をお客にセールスする時になって初めて真価を発揮するものだからです。

でも、商品をお客にセールスする時って最後の段階ですよね。

当然いきなりお客にセールスしても、ほとんど商品は制約しないですし、商品が売れやすくなることもないです。

要するにコピーライティングって万能ではないんですね。

ただ最近はどのアフィリエイト商品も高品質なものが多く、粗悪なものやサービスが悪いものはほとんど出回っていないので、商品単体だけで勝負してもライバルとは大きな差が生まれにくいので、勉強していた方がいいとの捉え方で大丈夫です。

実際、大きな実績を出しているアフィリエイターでもコピーライティングを駆使せずとも売っていることはよくあります。

なので、コピーライティングの勉強に大きなお金や時間を割く余裕があれば、ネットビジネス初心者は特にモノを売るための勉強をした方がいいです。

ちなみに、僕は以前コピーライティングの勉強をしていた時こんな本を

読んでいました。

https://www.amazon.co.jp/最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮-国内成功100事例付き-横田-伊佐男/dp/4478028826/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=カタカナ&crid=1WQQ52HKP22LP&keywords=伝説のコピーライティング実践バイブル&qid=1567922188&s=gateway&sprefix=伝説のコピーライティング%2Caps%2C273&sr=8-3

この本は日本の身近な広告を例に挙げて、効果的なコピーライティングの使い方などを説明している書籍です。

全て大企業の広告を例に取り上げたものなので効果実証済みの100事例を画像と一緒に掲載しているのでわかりやすかったです。

ちなみに余談ですが、アマゾンの書籍ってアフィリエイトの報酬はほとんどないので、これを購入したからといって僕の利益になることはありません汗

ただ、ビジネス書としても本の厚さもちょうどいいですし、内容もわかりやす区掲載されているので、一応良い書籍としてここで紹介しておきました。

興味があれば読んでみるのもいいかと思います。

話を戻すと商品を売るためにはコピーライティングの勉強をする以外に、

1売れる商品をリサーチする

2お客のターゲットを決めてそのお客が欲しいと思う商品を扱う

3読者に対して価値観の教育をしていく

4商品の魅力をお客にしっかり伝える

この4点はしっかり抑えていくことが稼いでいく上で重要なことになります。

ただ、こうした一歩踏み込んだ内容というのは、どうしても書籍だけではカバーしきれないものが多いです。

実際、このようなことについてわかりやすくまとめられて解説されているノウハウが載った本っていうのも正直ないですね。

なので、やはりこういった内容をカバーするためには信頼できる販売者から、商材を買う必要があります。

次回は、このことについて話していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする