インプットとアウトプット

Pocket

お疲れ様です、ふうがです。

今回は、ネットビジネス(ブログアフィリエイト)初心者が陥りやすい悩みとして、記事を書く内容がなかなか思いつかないということがあるのですが、

その対処法について話していきたいと思います。

これは正直、ネットビジネスだの、アフィリエイトに限った話ではないのですが、

あなたもたくさん勉強したのにもかかわらず、

まったくその知識が定着していなかったという経験があると思います。

これには、原因があります。

それは、多くの人は勉強してもインプット中心の学習しかしていない、

つまりアウトプット中心の学習を全くしていないからです。

ここで言うインプットとは、例えば、読書をするなどがそれですね。

アウトプットを例えるなら、勉強したことを他人に話したり、

ネットや書籍などで情報発信したりすることです。

実は、ほとんどの人が勉強してもインプット過剰で

アウトプットを一切しないんですよ。

人間の脳の構造上、せっかく読書をしたり、

勉強してインプットした情報も、

それを何かしらのかたちでアウトプット(ブログやノートにまとめたり、誰かに話したり、五感を刺激するように)しないと

定着しないでスルスル抜けていって忘れるようにできてるんです。

脳にも短期記憶と長期記憶があって、

二週間に3回以上使われないものは長期記憶として覚えられないようにできてます。

インプットとアウトプットを交互に繰り返して、

学んだことを反復させることが効果的なんです。

そうすれば、学んだことは自ずと文章でも書くことは簡単になります。

ただ、これも日々の習慣なので、

できるようになるまでは練習が必要ですね。

今回説明した内容は、精神科医 樺沢紫苑のアウトプット大全という本に詳しく掲載されてます。

学びを結果に変えるアウトプット大全

この本は少し厚めの本ですが、

イラストや図でわかりやすくアウトプットの重要性を説明しているハウツー本なので、興味のある部分だけ重点的に読むことができて非常に参考になりましたね。

久々に、いい自己投資ができた気がします。

樺沢先生はYoutubeなどでも情報発信をしている方で

日常でも役立つ情報発信をしてい流ので、興味があればぜひそちらも参考に。

それではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする