運送屋の知人が話したとんでもない話

Pocket

お疲れ様です、ふうがです。

先日前職で働いてた先輩と食事に行ってきました。

僕も以前働いてたとき、よくお世話になってたのでその人とはたまに連絡をとっていて、食事したりすることがあります。

その方は仕事をしている関係で休みの日か夜に会うことが多く、仕事の話から趣味の話までしています。

そんな知人がこんな愚痴をこぼしていました。

「最近、繁忙期で物量も多いのもあって大変で…ホントにやんなっちゃうよ。

おまけに取れても休憩は夕方の4時5時、取れないのが当たり前だよ」と話してました。

それに対して僕は、いやどう考えてもその仕事ブラックだろ…と思って聞いてました。

その人は管理職なので僕はそこで、「昇給すると正社員はやっぱり休憩取れなかったり、激務だったりするの?」と聞きました。

そしたら知人は、「いや、今はドライバーの社員はほぼ全員がそんな感じ」と話してました。

以前僕が働いてたときも、同僚が休憩時間が取れず働いていたり、荷物の紛失、破損があったときは個人に請求するということがあったので、

こんな時代になっても未だにそのようなことをしてると聞いて憤りさえ感じました。

「そんなの法律的にもおかしいし、契約書にも書いてなかったでしょう!、そんな会社辞めなよ」

と話しました。

ただ、その知人は17年そこで働いていて、4人家族なので、家庭も支えなきゃいけないから仕事も辞められないという状況に陥っているそうです。

手取りで一月40〜50万だそうですが、正直家庭持ちで、なおかつブラックな労働環境で今後も働くのはあまりに厳しいことだと思いました。

おまけに、言いたいことも言えない状況だそうです。

↑僕なら間違いなく逃げますね…

僕は別の仕事でも過去に休憩時間なしで連勤したりとか、真面目に働いてたのに試用期間と称して、即刻クビになったりとかブラックな仕事をしてました。

労働基準法やら労働基準監督署やらに問い合わせても、結局時間だけ費やして何も解決に繋がらない。

ハローワークで仕事探して、相談しても次の相談が1カ月後とかザラでした。

そのくせ納税とか徴収することに関してはきっちりしていて…

↑当初借金で滞納していた

本当に年金だの何だの、結局国をアテにしてたって何の解決にもならないんですよね。

数年前の電通の事件を思い出しました。

「激務だけど、辞めたくてもやめられない状況…」

このような、状況に置かれている方って結構多いと思うんですよね。

そもそも人が人に命令したり、苦しい状況に追い込むのって明らかにおかしいと思いませんか?

これから先、何年、何十年頑張って働いたって、雇われて働いている以上、社畜になるか、そうでなくても定年まで永久に時間的、経済的自由なんてやってこないわけです。

そう考えると、昇給するために何年もやりたくない仕事を続けているよりかは、副業でネットビジネスを始めて勉強を日々重ねていったほうがはるかに効率がいいですし、余計なストレスをわざわざ抱えなくて済むわけです。

どちらがいい選択かと言えば明白ですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする