今日で9周年 継続することの重要性

Pocket

お疲れ様です、ふうがです。

突然なのですが、僕は昔からアニメが好きで、まだプロとはほど遠いですが、イラストレーターとして活動してます。

このブログをご覧いただいている方は、ご存知かとは思いますが、

18歳で経済的な事情や進路の関係で大学を中退し、まともな学歴もなかったので、

日雇いの肉体労働だったり、倉庫内作業、下請け業社で清掃や解体現場、イベント関係の仕事、コールセンターなど様々な仕事をしてきました。

しかし、簡単な単純流れ作業だと時給が900円とかだったり、

逆に1200円から1600円の高時給とかだと、蓋を開けたら休憩時間がないブラックバイトだったり、

すぐにクビを切られて不当な扱いを受けたり、

激務でいじめやパワハラがあったり散々だったんですね。

学生時代いじめにあってた僕は、人とコミュニケーションを取るのが上手くなかったのですが、

そんなこととなかなか職にありつけなかったり、経済的なストレスを抱えたりで病気になってしまったんです。

ブログのサブタイトルにあるように、僕は引きこもりのうつ病ニートになってしまったのですが、

あるとき、カーテンで締め切られた暗室で、泣きながらテレビの番組表見てたら

NHKの番組欄に再放送で『ラブライブ!』って書いてあるのがはっきり見えたんです。

ちなみに僕は普段メガネをかけていて、本当に近視なんですが、不思議とその文字だけ飛び込んできたんですよね。

そこから『ラブライブ!』のアニメにどハマりして、ゲームが好きになって、スクフェス感謝祭のイベントやらライブにまで参加するようになりました。

そしたら、徐々にではありますが、気がついたら自然と稼ぐための仕事だったり、人とコミュニケーションを取れるようになってたんです。

これまで、学校、職場、家族という狭い人間関係で生きてきた僕にとって、アニメを通して広い世界飛び込んだのはひとつの興味から始まる勇気だったと思っています。

僕がこのネットビジネスに参入したひとつの理由としては、様々な人との交流を通して、人それぞれ多くのライフスタイル確立しているの知ったからというのが大きいです。

『ラブライブ!』であれば、そのアニメに興味がある人たちが国籍や職種問わず集まってくるわけですから、いろいろな働き方をしている人がいます。

当初の僕は、勉強していい大学に進学して、いい企業に就職すれば、安定した高収入を得られるという固定観念を持っていました。

でも高卒だけど、不動産業でバリバリ稼いでる営業マンとか、中にはネットビジネスで高収入を得てる人とかが現実にいて、年下や同年代にして経済的な格差を目の当たりにした僕はひどくショックを受けたんですね。

そこからネットビジネスに興味を持った僕は、せどりやアフィリエイトという稼ぎ方があるのを知って、詐欺じゃないかと思う情報商材を買ったり、本を読みあさったりとにかく猛勉強と実践を繰り返してました。

僕自身はネットビジネスに投資した額は50万くらいは軽く越えています。

結果が出なくて辛い時期もありましたが、僕はこの判断は正しかったと思っています。

ネットビジネスに限らず言えることですが、何か大きな事に挑戦しようと思った時、ノウハウやスキルを習得するのも大事だけれど、一歩踏み出す勇気が必要不可欠だと思うんですね。

頭が悪い人が東大行くと言い、周りからバカにされた。

パソコンできない人がネットビジネスで起業して独立すると言い、周りからできるわけがない、そんなうまい話があるわけがないと言われた。

でもそこで周りに流されて道を諦めてしまったら可能性はゼロになります。

周りの意見に流されて、自分で判断して行動できない自信のない人って間違いなく不幸な人生送ってるんですよね。

そしてどの分野でも何か結果を残したいと思えば、普通の人と同じような事をしていても成功できないという事が言えます。

結果が出るまでの間もめげずに集中して継続する力も必要です。

僕が尊敬しているアニメーターの室田雄平さんだって、最初は無名だったけれど大きな作品を残しつずけてきたからこそ今があるんだと思います。

『ラブライブ!』のコンテンツ自体も今日で9周年を迎えるのですが、これも継続あっての結果だと思ってます。

可能性ばかりに目を向けていても、成功するか否かは誰もわからないです。

ただやはり、挑戦しない限りはいつまでも可能性はないです。

あなたも積極的に行動して挑戦していく力も持ちましょう。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

お問い合わせはこちらから、分からないこと相談したいことがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

原則48時間以内に返信いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする