節約と貯金をすると貧乏になる

Pocket

お疲れ様です、ふうがです。

日本人はよく会社で稼いだお金を貯金する、

モノを買うときは節約するのが美徳のような習慣が世間の常識として根強くあります。

そして節約をすること無駄遣い(浪費)をすることを混同してしまっていることが多いんですね。

私も大学を中退して間もない頃は大した学歴もないので、

最低賃金程度の単発のアルバイトくらいしか就くあてがありませんでした。

そのため、欲しいものがあっても

お金がないから買いたくても買えない。

お腹が空いても食べたいものも食べられない。

お金がないから働かなきゃいけないけど働く先がない。

仕事が見つからない、

仕事先の現場がなくなった、

真面目に働いていたのに突然クビにされた。

派遣先で、休憩時間や有給、賃金のカット、パワハラ、上司からの暴力、

派遣先での怪我や事故、

今まで転職も40社くらいしてきたので、

正直転職のプロでした(笑)

そんな完全に人生負け組のような底辺の生活を送っていた私ですが、

やがてうつ病になってしまったんですね。

このような人生をこれまで送ってきて私が言えることは

「お金がない、自由がないってとてつもない害悪だなぁ。」ってことでした。

そもそも、病気になった一番の要因はお金がないことでした。

私もアルバイトをしていたころに家計簿をつけたり、

バイトで働いて振り込まれたお金を通帳で見て確認することをしていました。

ただ、あれだけ平日朝から晩まで楽しくもない作業を繰り返して

振り込まれたのがたった十数万のケタを見たとき、泣きたくなりました。

しかも、節約をすることって結局支出を減らしてるだけで、収入を増やすことに直結してないんですね。

貯金も確かに毎月一定額コツコツ貯めて、やっとの思いで貯めても

普通のサラリーマンの給料なら

もし、怪我や事故で入院や治療費がかかったときに一気に吹き飛んでしまうくらいの額でしかないんです。

雇われて働き続けるとはその人生の大半を会社に捧げ、

大半の給料を家賃や生活費に充て、

それと引き換えに、

人生の楽しい時間を捨て、

自由を捨てて生きることになります。

はっきり言ってそれってものすごいストレスじゃないですか。

おまけに、もしかしたら病気で働けなくなる、

会社でクビにされたらどうしようなど不安から解放されず、

やっと仕事から解放されたらもう定年。

僕も力仕事をしている期間が長かったので、

男性しかいない職場でしたが、

仮にあなたが忙しい生活を送っていて独身なら女性との出会いや恋愛に目を向ける余裕もないかもしれません。

結婚していれば、本当は家族とちょっといいホテルに泊まってのんびり旅行をしたいけど、

お金がない、まとまった休みが取れないなどの理由で家族と過ごす時間を捨ててるかもしれません。

はっきり言って、将来が不安だから、

お金を稼がないといけないからという理由で

ストレスの多い職場で働く必要はないです。

20年前くらいならまだしも、

最近はネットを使って仕事ができる時代なので、

稼ぐ選択肢が大幅に広がりました。

そんな中、雇われて働くしかないと思いこむことで、

自分の選択肢や可能性を狭めていませんか。

それでは、また次回。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

お問い合わせはこちらから、分からないこと相談したいことがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

原則48時間以内に返信いたします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする