安倍総理の辞任とこれからの時代を生き抜くのに必要なスキル

Pocket

お久しぶりです、ふうがです。
 
いやぁ、今年の夏は例年より梅雨が長くて少しは涼しくなるかと思ってたんですが、飛んだ想定外で8月は連日かなり暑い日が続きましたね汗
9月になりましたがまだまだ猛暑が続いていますね。
 
 
僕の住んでいる東京も最高気温37度以上になる猛暑の日もあったそうです。
 
幸い今年はコロナの影響でイベントだったりも中止だったので、ほとんど家にいましたね。(とは言え家の中にいても冷たいものは欲しくなるので、抹茶アイスとか雪見だいふくとかは食べてましたけどね)
 
 
先日、安倍総理が持病が悪化したとのことで、総理大臣を辞任するというニュースがありました。
 
Twitterをやっている10代〜20代の若者の間でも安倍政権はよくなかっただとか、
次は誰が総理をやるのかっていう話でもちきりになってました。
 
まだ誰になるかは決まってないですが、
菅さんになりそうな感じですね。
 
 
前置きはここまでとして…
 
世間ではよく業績が悪化して会社が倒産したり、社員がクビになったりすると景気が悪いと言われることがあります。
 
収入が伸び悩んだり、税金が高くなったりすると政治に問題があると言われることがあります。
 
 
テレビやネットを見ている一般市民の人たちはこぞってあの人がいい、この人がいいと選挙などにも熱心に参加している光景を目にするときがあるんです。
 
 
ただ、僕はこのようなことを耳にしたり見るたびに、「大事なのはそこじゃないんだよなぁ」と思うんですね。
 
 
政治に対してとても熱心で、次に誰が選挙で当選するかや誰になれば国がよくなるかなどを考えることは悪いことだとは思いません。
 
けれど、政治でだれが総理大臣になろうと
どこの党が政権を握ろうがほとんど多くの個人には影響はないです。
 
むしろ、どんなに政治がよくなったとしても、これまで苦しい状況で同じような日々を送っていたら、好転する可能性は限りなくゼロに近いです。
 
 
 
景気が悪いや政治が悪いと言われることはありますが、結局は自分自身が力をつけていればどんな時代であっても生き抜くことができるからですね。
 
その力というのが、現代で言うと「稼ぐスキル」というわけです。
 
 
仮にちょっと税金が安くなったり、外国のように週休3日制が日本に導入されたとしても、
サラリーマンとして働いている以上、経済的、時間的な縛りから解放されることはありません。
 
 
雇われて働いていたら当然自分のプライベートを犠牲にしなければいけない時も出てくるでしょう。
 
もしあなたが仕事がプライベートと同じくらい充実していて毎日が楽しくて仕方がないなら話は別ですが、
そうでなければ早いところ「自分で稼ぐスキル」を身につけることが無難でしょう。
 
 
僕はサラリーマンとして働いてた頃は社員なのにも関わらず、賞与もなしで手取り14万、
一流大学に入れるほど高学歴でもなく美大だったので、就職先が決まらず一番苦手な肉体労働や精神的な苦痛を強いられるジムの仕事を転々としていました。
 
 
ブランクで働いていない時期もあったので、借金もあり苦しい状況でしたね。
 
まぁ、僕まで酷い状況じゃないにしても雇われて働いている以上、どんなに身体が不調でも
有給などを一時的に使わない限りは働いていないときには収入がゼロになってしまうというリスクがあります。
 
しかもそれを定年まで続けて働かなければいけないということになります。
 
せどりなどの転売系のビジネスを自動化しないでやっていれば、
自分でお金を稼いでいても働かなくなれば収入がなくなってしまうというリスクがあります。
 
けれど、僕のようにブログアフィリエイトなどの資産性の高いビジネスをしていれば労働に頼らなくても
収入を増やしていくことができるんですね。
 
もちろん全く手付かずの状態だと収入が下がり続けますが、
ブログやメルマガ、YouTubeなど一度ネットに上げた仕組みを構築すれば
半永久的に残り続けます。
全く消えないリスクがないというわけではないですが、
作ったコンテンツはパソコン上に残すことができるので、
完全に仕組みがなくなることもないですね。
 
 
もちろん収入が発生する仕組みを構築することは最初は楽なことではないですが、
定年まで汗水垂らして自分の時間を犠牲にして働くことと比較したら数百分の一以上に楽なことだと僕は思いますね。
 
それでは、また次回。
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました。
 
 
P.S.
ちなみに安倍総理は180日ほど休みなしで働いていたそうですね。
あれだけ忙しく働いていたらそれは持病云々の問題じゃなくて、
身体が悪くなって当然だと思います。
 
 
総理大臣なんて収入が高くて羨まれる仕事らしいですが、
いくら高収入でも時間的自由がない仕事は僕はゴメンですね。
 
タレントとかもメディアで有名になって取り上げられて
プライベートの時間が取りずらそうなので憧れはないです。
 
僕にとっては労働に頼らない稼ぐ仕組みを作るネットビジネスが一番ですね。