知らないと大損! 結果を出すには、努力よりレバレッジを意識する

Pocket

お久しぶりです、ふうがです。

今回はネットビジネス初心者や多くのサラリーマンが結果を出す上で陥りがちなミスについて

僕の過去の経験を交えながら解説していこうと思います。

結果を出すには努力よりレバレッジが大事!?

私も幼い頃から母親によく教えられてきたことなのですが、

僕が学校の勉強をしていて、成績が上がらず伸び悩んでいたときも、

「結果が出ないのは、あなたの努力が足りないからだ、もっと努力を重ねなさい!」

と言われ続けてきました。

これに関しては、当初の僕は疑うこともなかったですし、

真面目に勉強して努力していました。

しかし、同じように勉強していたAさんや自分より遊んでいたB君の方が成績がいいなんてざらにあったんですよね。

このことに不満を覚えた僕は、母にこのことを話したんですね。

そうしたら、「AさんやB君は見えないところであなたより努力してるんだよ!」
と言われました。

確かにAさんやB君は影で努力をしていたかもしれないけど、
僕自身も努力とか苦労とかそれなりに辛いこともたくさんあったので、腑に落ちなかったんですね。

これは、社会に出てもよくあることですが、

Aさんと自分の年齢は同じ、仕事量はAさんより自分の方が多くてキツイ、でも給料はAさんの方が高いとか普通にあるんです。

その差は、学歴かもしれないし、会社からの評価が高いからかもしれません。

何事にも努力は大事ですが、僕はそれよりレバレッジ(限られた労力でいかに効率よく大きな結果を出すか)が重要だと思ってます。

レバレッジとはテコの原理のことなのですが、

特にそれが顕著に現れるのが、労働者と経営者だと思っています。

例えば、あなたの進む道の前に大きな岩があったとします。

これを自分の背丈くらいの棒で全力で汗水垂らしながら押し出そうとしているのが労働者です。

ものすごく疲れる割にほとんど岩は動きません。

これに対して自分の背丈の2倍の長さの棒で軽々動かすのが経営者です。

岩は大きく動きましたが、さほど疲れていません。

この2人には才能の違いがあったわけでも、努力の差があったわけではありません。

限られた力で、いかにより大きな結果を出せるかを考えたかどうかで差が開いたわけです。

ビジネス稼ぐことにおいてもそうですが、自力で稼いでいては限界があります。

アフィリエイトを始めとしたネットビジネスのようにインターネットというツールを使って仕組みに稼がせるからこそ、大きな収入を得られるんです。

どちらが効率的に稼げるかといえば差は歴然です。

例え、自由な時間が欲しい、人間関係の余計なストレスから解放されたい、もっと大きな金額を稼ぎたいと思っても、

サラリーマンをやっている以上半永久的にその苦しみから抜け出せないわけなんですよね。

あなたが、そんな夢を叶える手段としてネットビジネスの存在を知っただけでも、知らない人よりは十分幸運だと思います。

P.S

バンドリ!のPastel*Palettesの丸山 彩描きました。

今年、サンシャイン池袋で行われたガルパ祭の時のイラストですね。

Tシャツのロゴが上手く描けなくて苦戦してました。

意外と難しかったです。

お問い合わせはこちらから、分からないこと相談したいことがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

原則48時間以内に返信いたします。

iPhoneから送信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする