労働的価値はどんどん下がっていく

Pocket

お疲れ様です、ふうがです。

最近、近所のスーパーやコンビニで買い物していてセルフレジを見かけることが多くなりました。

日本ではまだ導入されていませんが、海外では無人コンビニやスーパーなどが導入されている国もありますよね。

無人だと盗難の心配もありそうですが、万一レジを通していない商品を持ち逃げしようとしても、レジから出られなくなるシステムになっているそうです。

日本は先進国ですが、海外はまだ先を行っていますね。

少し前の話にはなりますが、僕の家の近くの回転寿司屋さんも入り口にAIロボットのペッパーが導入されるようになってからは、座席の案内などはすべてそのペッパーがやっています。

機械を導入する経費と人を雇うための人件費を比較したら、前者の方がよっぽどコストパフォーマンスも高いですしね。

さて、今回僕はこの記事で何を話したかったかというと、

これからの時代、仕事の中でも単純流れ作業の仕事は収入が下がる可能性が高いということです。

単純流れ作業は今後機械に置き換わる可能性がある

その理由は単純明快で、例えば、先ほど説明したレジや物流(荷物の運搬や梱包作業)、パソコン入力などの事務はわざわざ人間がやらなくても、AIや機械の技術が発達してしまえば簡単にできてしまうからなんですよね。

しかもこれは企業側からしても、半永久的に人を雇うより、

自動で利益を生み出してくれる機械やシステムを導入した方が人件費がかかりませんし、

おまけにミスも少ない上に生産性が上がったり、人を雇うために宣伝する広告費もかからないので圧倒的にコストパフォーマンスが高いんです。

そしてましてや今は人手不足の時代なので、

人を探す労力に時間とお金をかけるくらいなら、機械やシステムの力を駆使した方が断然楽なわけです。

これまでの時代というのは、長く会社で働いたり、残業していたりする人が自然と昇級して給料が上がっていくことが正社員の場合普通でした。

けれど、これから先の時代はそのようなことをしても昇級して収入が上がるどころか、むしろ下げってしまう危険性があります。

下手をすれば、自分が今やっていた業務が数年後にはシステムに置き換わってしまい、あなたの仕事自体もなくなることも考えられます。

一見するとどうにもできないことのように思うかもしれませんが、

これに対する解決策があります。

単純流れ作業のようなシンプルな仕事ではなく、クリエイティブなビジネスをすること

ここまで、話してきたように単純流れ作業の仕事は、

機械やシステムの技術の発達に伴って、無くなってしまったり、収入が減ってしまう

リスクがあります。

そして、それは仮にそのように仕事がシステム化しなかったとしても、

その単純流れ作業の仕事はあなた以外の人でも簡単にできてしまうことが多いです。

そうなると、会社側もわざわざあなたを雇う必要がなくなるので、

もっとスピーディーに仕事をこなせる人材が入社してしまったら、そのポジションを奪われる可能性も出てきます。

それを防ぐためにはやっぱり、機械とか他の人が簡単にマネできないようなクリエイティブなビジネスをしていくしかないんです。

毎日暑い日は汗をかきながら営業をしたり、時には重い荷物を運んだり、淡々とデスクに向かってデータを打ち込むなどの肉体労働の価値ってどんどん下がって稼げなくなってしまうんです。

大体稼げていない人の大半は頑張って身体を動かしてがむしゃらに働いていれば自ずと稼げるようになると思っています。

しかし、それは大きな間違いです。

本当に稼いでいる人は、頭を使ってお金を稼いでいます。

肉体労働に囚われている以上、永久にお金の悩みからは解放されません。

その悩みから抜け出すためには、必ず機械や他人が簡単にマネできないような頭を使った稼ぎ方にシフトするのが必要不可欠です。

労働収入に頼るのではなく収入が発生する仕組みを作り出すことが大切

最初に説明した内容に関連するのですが、

労働収入(サラリーマンや働き者の経営者の実働の収入)にばかり頼っていると、

あなたがもし病気や怪我、事故など何らかの理由で仕事ができなくなった時に収入がほぼゼロになります

あくまで会社で働いて稼いでるお金っていうのは実働分の給料(収入)なので、

当たり前の話ではありますが働けなくなれば当然収入は無くなりますよね。

そうなることを恐れて、保険をかけたり老後の生活を逆算して、貯金したお金を切り詰めながら定年後に生きていく人も多いです。

けれど、それって不自由な生活でしかないですよね。

考えてみればわかると思いますが、貯金っていうのは基本的に減ることはあっても増えることはありません。

なので、仮に宝くじを買って1億当選した場合も貯金と同じで減るだけでしかありません。

(僕は宝くじを買うことにも興味がないですし、1億円が欲しいとも思いません。)

それよりかは、収入が発生する仕組みを自分で作り上げて、毎月数十万入ってくる方がよっぽど精神的にも安心ですし、価値のあることだと思いませんか。

しかも労働収入ではないので、最終的に仕組みが完成したら、ほぼほったらかしでも収入が発生するわけです。

ただ、それがとても簡単な作業かというとそうではありませんが。

僕自身もそういう収益を作るために一定の努力と勉強と実践は繰り返してきました。

そこでの努力を怠ってこれから先何十年と辛い仕事を続けるくらいなら、

ネットビジネスで稼ぐことにフォーカスした方がよっぽど楽だと思ったからです。

多くの人は、お金のことで困っていてもなかなか行動に移しません。

結構ギリギリの状況になってから、問題が起きてから慌て始めます。

でも、そうなってからでははっきり言って遅いんですよね。

そうなる前から早めに行動しておけば、その何十分の一の労力で解決できたことをみすみす大変な状況にしてるんです。

今思えば、僕自身も経済的に困窮していたので、

この決断を早めにしていたから今があるんだなぁとつくづく思いますね。

PS.

先日ビジネス書で『お金』という本を読みました。

『お金』佐藤航陽

シンプルなタイトルの本ですが、中身はしっかりとしたビジネス書です。

この本では、『価値主義』という言葉がメインで出てくるのですが、

これは要するに、ネットワークを通じて自分を発信していくこと(SNSやブログ、Youtubeなど)でそれが人脈だったり、お金だったり、情報になるような時代にどんどん変わっていくよという話です。

現にブログで情報発信をして稼いだり、Youtuberとして稼いでいる人も増えてきましたよね。

今日のテーマに結びつくような内容だったので紹介してみました。

興味があればぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、また。

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

お問い合わせはこちらから、分からないこと相談したいことがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

原則48時間以内に返信いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする